ジャンボタクシーとタクシーの違い

ジャンボタクシーは、セダンタイプの車両を用いた通常のタクシーより、サイズの大きなワゴンタイプの車両を用いることによってより大人数を運搬することを可能としたタクシーのことです。

通常のタクシーの定員は4名から5名ですが、ジャンボタクシーの定員の多くは7名から9名程度もしくは車両によって13名程度までになります。
また、料金も通常のタクシーに多いメーター方式ではなく、時間単位料金となっているケースが多いです。

通常のタクシーが、必要となった際に、路上を走行中の空車のタクシーを止めたり、タクシー会社に電話で配車を依頼するケースが多いのに対し、ジャンボタクシーはあらかじめ日程・時間を指定して予約するケースがほとんどになります。

よって、通常のタクシーが、ビジネス・日常での利用が多いのに対し、ジャンボタクシーでは旅行・レジャー・観光・ゴルフ等の利用が相対的に多いとされているのです。
また、大人数で移動する場合、複数台のタクシーを呼ぶより、1台のジャンボタクシーで移動する方が費用の節約となることから利用されるケースも多くあります。
乗客数としては5名までであっても、視察接待等でVIPと長距離を移動する場合、ゆったりとした車内空間であることを理由として利用するケースもあるようです。キレイモキャンペーン